膣イキとクリイキは神経からして違います

以前の記事でナカイキの快感は他のオーガズムとは比べ物にならないくらいに深くて長いという事を書きました。

特にセックスのテクニックを持っているわけではなくとも、セックスの前戯でクリトリスを刺激して快感を感じさせてイカせるという事は出来ると思いますし、女性もナカイキした経験が無い方は珍しくないので、「エッチでイク」=「クリトリスでイク」という風に思っている方が少なくないでしょう。

しかし一度でもナカイキを経験したら、もうクリトリスの快感だけでイクのでは満足出来なくなってしまってもおかしくありません。それほどまでに膣内オーガズムは強烈なのです。
そこまでナカイキと違うのは当然の事です。
膣内の性感帯とクリトリスは、どちらも女性器の性感帯だと同じように考えてしまうかもしれませんが、実は司っている神経が異なっているという事が分かっているそうです。
⇒ナカイキとクリイキは神経の違いの詳細はこちら

医学的な詳しい事は分かりませんが、何となく納得しませんか?
wikipediaの「オーガズム」の記事にもこんな記述がありますね。

女性のオーガズムが、恐らくは人為的に、2つの異なったものとして分類されることがあるために、 女性のオーガズムを巡る議論は複雑なものとなっている――陰核のオーガズムと膣(Gスポット、ポルチオ)のオーガズムである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です